【岡山県瀬戸内市】行政書士 櫻田事務所:遺言・相続専門 行政書士 櫻田 章人
【岡山県瀬戸内市】行政書士 櫻田事務所:遺言・相続専門 行政書士 櫻田 章人
トップページに戻る

よくある質問

よくいただく質問にお答え致します。

ご覧になりたい質問をクリックしてください。ページ内の該当箇所までジャンプします

Q. 土地建物があるだけで、特に大きな財産も無く子供二人は仲も良いなら、遺言は不要ですか?

回答

お気持ち、よくわかります。
遺言なんて仰々しいし、時間や労力、お金を使ってまで作る必要があるの?と疑問にお感じだと思います。

しかし、今は良くても人の気持ちは変わる場合もあります。

もちろん、今迄も、そしてこれからもお子様二人が仲良くやってほしいと願うことは、親としてもちろんですし、私もその気持ちはよく分かります。

しかし実際問題ですが、相続財産が土地建物だけで、しかもお子様の一人がそこに居住しているというケースでは特に遺言を残しておくことをお勧めします。

それは何故かと申しますと、自宅に住んでいらっしゃるお子様はそこに居住しているのですから、土地建物を相続するでしょう。

するともう一人のお子様の方から、土地建物を相続したお子様に対し、自分の相続持分を現金で要求され、その現金をめぐっての「骨肉の争い」「争族」に発展するケースも多々ございます。

天国からそんなお子様達を見ることは居た堪れないと思います。
そうならない為にも遺言の必要性を感じられたのなら、何かご不安を感じられた原因がおありではありませんか。

もし良ければ一度私の無料相談にお越し下さればと思います。

その中で、その不安が後々法律上問題になりそうか、またなりそうだとしたらどんな対策を打てるかをご提案致します。

Q. 主人が元気なうちに遺言を書いてほしいのですが、何か良い手はありませんか?

回答

そうですね。
「遺言」というと遺書のように亡くなる間際に書くというイメージを持たれている方も多いですよね。

しかし、最近では遺産の分け方を決めておく以上に「家族への思いを伝えて絆を深めたい」とか「自分の亡き後、家族が苦労しないようにしたい」等「遺言=ご家族様への愛のメッセージ」として思いを込めるものとして注目されていますよ。

そして遺言を残すことにより、不要な兄弟親戚間の争いを未然に防ぐこともできます。

ご自分が亡くなった後、兄弟親戚がご自分が生前作ってきた財産をめぐって争っていたら、ご主人様も浮かばれないですよね。

さらにご家族様や相続人様の精神的や事務的負担も減らすこともできるんです。

ご家族皆様も、平日お仕事で忙しい中、様々な事務的手続きをしていかなければいけません。
残された愛するご家族に出来るだけ負担は掛けさせたくないですよね。

これだけでも十分遺言を書く意義は分かって頂けるのではないでしょうか?

もし、ご相談者様夫婦にお子様がいない場合でしたら、特に遺言を書いておくことをお勧めします。

何故かと言いますと、例えば、ご主人様が先にお亡くなりになった時にご主人様のご兄弟がおられた場合、相続人は奥様とご主人様のご兄弟になります。

せっかく力を合わせ苦労して作ってきたご主人様の財産を遺言が無いだけで、ご兄弟と分けなければならなくなります。

そうなると、奥様の今後の生活にも影響をきたすことも十分考えられます。
この場合でも、遺言を書いておく意義がお分かりになるのではないでしょうか。

Q.今回父親が亡くなりました。
相続人は私(妻と娘)と弟(妻と3人の息子)と母親です。
親の相続は数年後を目途に考ようと弟と話しているのですが、何か問題はありますか?

回答

お話を伺った限り、一見問題がなさそうに思えます。
数年後相続人である、お母様、弟様、ご本人様でお話をしていただければ良いと思います。

しかし、遺産分割協議が整うまで相続財産は皆様3人の共有財産になりますので、例えば、ご本人様が単独でお父様名義の家屋を取り壊し、新たにご自分の新居を建てる等出来ませんのでご注意を!

また、大変失礼なお話で申し訳ありませんが、例えば、弟様が明日不慮の事故で…という事態も可能性としてはございます。

すると相続人は私、甥御3人、お母様の5人になり、その方々と遺産分割協議を進めていかなければならなくなります。

もちろん、相続人が増えるので手間がかかり時間と費用等のご負担が増えてしまいます。
また、甥御様との親族関係が希薄になっていますと、そもそも、遺産分割協議自体がまとまらずに相続人皆様の納得できる相続ができない。という事もありえます。

そしてそれとは別に、亡くなった方の多額の負債が出てきたらもうお手上げです。

いろいろ相続人様事情も様々あり、お仕事もお忙しいかと思います。
そんななかでの、皆様全員の協議はすぐにまとまらず、時間もかかると思います。

相続について話し合いを持たれる予定なら、少しでも早めに調査や手続き等される事をオススメ致します(これまで痛い目をみたお客様が多数おられますので…)。

そこで、何からやれば・・・等ご相談がありましたら、どうぞ、無料相談をご利用ください。
的確なアドバイスをさせて頂きます。

Q.市販の相続本の通りに手続きすれば大丈夫ですよね?

回答

はい、確かに相続関連書籍は、私の同じ相続の専門家が懇切丁寧に書いて下さっています。

ただし、中にはあなた様に必要のない手続きも含まれていますし、しなくてもよい手続きをしてしまうと余計な税金や費用がかかってしまう場合もございます。

市販の相続書籍だけで相続手続きされる場合は、六法全書を片手に最低3冊程度はじっくりと目を通される事を強くオススメ致します。

そんな時間も知識もない場合は専門家に任さる事もご検討下さい。

当事務所でも「しなくてもよい手続きを素人考えで行ってしまい、余計な費用がかかってしまった。最初から先生に頼んだ方が結果的には割安だった」と嘆いておられたお客様が過去に数名いらっしゃいます。

「もう少し早く、私に相談してくれていれば…」と思いましたが、こればかりはどうしようもありませんでした。

私にご相談頂ければ、あなた様に必要な相続手続きをバッチリお伝えします。
ご相談だけでもご活用頂ければ幸いです。

Q.櫻田先生に依頼したいのですが、当方遠方のためお願いできない状況です。
そこで、相続の専門家を近所で見つけたいのですがポイントはありますか?

回答嬉しいお言葉、誠にありがとうございます(笑)
「相続の専門家」と称する方が本物か判断する場合、私は次の3点に注目します。

ポイント1 : 行政書士を始めとする国家資格を持っているか?

私の持つ行政書士をはじめとして、税理士や弁護士、司法書士といった資格は全て国家資格です。

「あなたは相続手続きを代行してもいいですよ」と政府から正式に認められています。

しかし・・・自称「相続の専門家」の中には、国家資格を持たず脱法行為として相続手続きを代行する人間もいると我々の周囲では問題になっています。

実際に間違った手続きをして何億円もの借金を背負ってしまった事例もあると聞いておりますので、お気をつけ下さい。

また、行政書士をはじめとして国家資格を持つ人間は法律上「守秘義務」を課されております。

つまり、あなた様の秘密を絶対に口外してはいけないと法律に定められていますので秘密が漏れる心配は一切不要ですのでご安心下さい。

ポイント2 : 相続手続きを得意としているか?

国家資格を持っている人を数名ピックアップしたら、次に見てもらいたいのが「相続手続きを得意・専門としているかどうか」です。

飲食店がラーメン屋、イタリアン、居酒屋と分かれているように、我々専門家も(口には出さない方が多いのですが…実は)得意分野・不得意分野があります。

私であれば相続や離婚が得意ですね。

そこで、国家資格を持たれている専門家の中でも「相続が得意」と表明されている方を見つけて下さい。
やはり餅は餅屋なんです。

ポイント3 : お客様の声がちゃんとあるか?

実は、先ほどのポイント2には落とし穴があります。
というのも、相続が得意でないにもかかわらず相続の仕事を獲得するために「相続専門」と謳う方も中にはチラホラいらっしゃるようです。

しかし、見分ける方法はカンタンです。
相続手続きの仕事にまじめに取り組んでいる専門家は、サービス品質向上のためにどなたもお客様の声・アンケートを実施しておられます。

サービスを受けられたお客様からの声を直接伺ってよりよいサービスを提供すべく日夜努力しているわけですね。

ホームページ等のお客様の声を一度読んでみてはいかがでしょうか?
ちゃんとした声が掲載されていれば信頼できる可能性大です。

以上、3つのポイントで見分けて頂ければ、ほぼ間違いのない選択ができるかと思います。

ぜひあなた様にピッタリの専門家を選んで、相続手続きを無事済まされます事を心より祈っております。

遺言・相続に関するお悩み、
ご相談はお気軽にお問合せ下さい。


アクセスマップ

〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓6416
アクセス 赤穂線邑久駅から東備バス
「牛窓中学校前」下車徒歩1分
駐車場 事務所・店舗兼用駐車場6台分有
予約 最短で当日の面談が可能です。
営業日・
受付時間
月~土 9時~19時まで
365日・24時間受付

大きな地図で見る
(スマートフォンのナビに連動します)

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

遺言・相続専門行政書士の私がモメない“円満相続”のコツを無料でお伝え致します!
Call: 0869-34-5859
岡山高齢者・障がい者権利擁護ネットワーク懇親会(通称「岡山ネット懇」)
NPO法人おかやま成年後見サポートセンター(通称「おかサポ」)
宅地建物取引主任者
行政書士 櫻田事務所
遺言・相続専門 行政書士
櫻田 章人